自分に無理していませんか?

 

 

最近色んな閃きやメッセージが降りてきます

今日はその一つを書きますね〜

 

 

「みなさん自分に無理していませんか?」

 

 

無理っていろいろあるけどここで言う「無理」は

「無理して自分を作っていないか?」ということ

 

 

内面もそうだけどまずは外見の話をしましょう〜

 

 

 

 

無い物ねだりになって、もともと自分にないものを足して

無理して自分のイメージを作っていませんか?

 

 

大人っぽくしっかり見られたくて

無理して大人っぽいカッコいい洋服ばかり着てない?

 

色っぽく女らしく見られたくて

無理してエレガント風な洋服選んでない?

 

可愛らしく若々しく見られたくて

可愛いフリフリフェミニンな洋服選んでない?

 

爽やかに清楚に見られたくて

大人しめなシンプルな洋服選んでない?

 

 

 

 

過去にコンサルを受けて下さった方が

こんな感想をくれたことがあります

 

 

「似合うスタイルが分かり

今までは無理に“母の好み”に合わせて

選んでいましたが、“自分に似合う”洋服を

選ぶようになると洋服選びが本当に楽に楽しくなりました

自分は本当はこういうファッションをしたかったんだ

と気づきました」

 

 

この方は自分の好みとも少し違って

お母さまの理想のスタイルを

無理して身につけているようでした

 

 

これはとてもしんどいですね〜

 

 

自分でも…心の奥の方では

「なーんか違うな〜」と思いつつも

なりたいイメージに近づける

 

 

でも…

 

 

自分にないものはどう頑張っても

その雰囲気は出ません

 

 

せいぜい「○○風」「○○な感じ」

くらいにしかできません

 

 

いつも着てる洋服を友達が褒めてくれても

それ本当に「似合ってる」言ってくれてる?

 

 

「そのワンピースかわいい〜」

「素敵〜」

「それめっちゃいい〜」

 

 

と言われたとしても

それってワンピースだけ褒めてない?

 

 

例えば

エレガントな雰囲気を装っても

本当にエレガントな顔立ちの人が隣に来たら

その差は歴然

 

 

絶対に勝てません〜

 

 

もちろん勝ち負けを競うのではないですよ?!

 

 

それぞれがそれぞれに素敵さを持ってるので

それらが個々に際立ってたらいいんです

 

 

せっかく持って生まれた素敵な個性や魅力があるのに

それに蓋をして違うイメージの自分を

”無理に”作り上げる…

 

 

しんどいですよね?!

 

 

自分にしかない魅力をより引き立てるスタイルをすれば

無理しなくてもいいし洋服選びも楽に簡単になります

 

 

何より

「それ似合ってるね〜」

「雰囲気に合ってるわ〜」

 

 

そんな褒め言葉のシャワーん

浴びることができますよ〜

 

 

無理して自分を作るの卒業しませんか?